しまかぜメモ

@kinunoriの雑なメモ

無料で手軽にM2M/IoTを体験しちゃう

このエントリはWeb API Advent Calendar 23日の記事になります。

Web API Advent Calendar 2014 - Adventar

Open deviceWISE Application Enablement Platform

ILS Technology社が提供している無料のM2Mサービスです。 ユーザ登録をすることで5デバイス(今はもう少し増えているかも)まで利用可能です。 いくつか機能制限があるようですが、個人でお試し程度に使うには十分だと思います。 Android用のセンサーアプリケーションも提供されていて、センサーアプリケーションを作らなくとも位置情報、加速度センサー、輝度、電池残量などデバイス情報を取得出来ます。 僕の個人用デバイスで試している例を載せたかったのですが、nexus7はSIMを積んでいないのでICCID/ESNが無く、接続例や操作しているイメージを載せられていません。 なお、ios用のセンサーアプリケーションは無いです。

deviceWISE IoT Sensor Monitor - Google Play の Android アプリ

deviceWISE AEP

f:id:kinunori:20141223175717p:plain

画面はこんな感じ

ログインすると管理対象のデバイス一覧とパイチャートが表示されます。 パイチャートは端末の状態を示していて、この例だと端末が全て切断されている状態です。 左下にはデバイスのリストとそれぞれのデバイスの状態が表示されます。 僕のnexus7を登録してありますが、切断されているのでDisconnectです。

f:id:kinunori:20141223175718p:plain

デバイス一覧はこんな感じです。んー、3G回線のあるAndroid端末が欲しい。

f:id:kinunori:20141223175719p:plain

センサーアプリケーションの画面はこんな感じです。 この画面では、センサーアプリケーションは一生懸命データ送ってるけど、サーバ側でICCID/ESNとマッチング出来ていないので、サーバ側から見るとDisconnectになってます。

f:id:kinunori:20141223175720p:plain

センサー、サーバ間のやりとりはWeb API

M2Mというとセンサー、サーバ間のやりとりは MQTT がスタンダードになりつつありますが、Web APIも提供されています。

Web API Tester や API Logging ツールも用意されているので、開発者には嬉しいと思います。

f:id:kinunori:20141223175721p:plain

ちょっと中途半端なエントリで申し訳ないですが、またいくつか使用例を載せられるようになったらブログにアップします。